【体験を贈る】カタログギフトの「ソウ・エクスペリエンス」をご紹介します

雑記
スポンサーリンク

お友達の誕生日、父の日や母の日、先輩の結婚祝い……誰かにギフトを贈る機会は、なんぼあってもいいものですよね。

ですが、こんな悩みもあるのではないでしょうか。

プレゼント選びは楽しいけど、相手の好みが分からなかったり、既に持っているものをあげちゃわないか不安……

そこでオススメしたいのが、カタログギフトという選択肢。

この記事では、「モノ」ではなく「体験」を贈れるカタログギフト、「ソウ・エクスペリエンス」をご紹介します。ちなみに筆者もよく使っていて、もれなく喜んでもらえています。

体験ギフトのソウ・エクスペリエンス

スポンサーリンク

そもそもカタログギフトとは?

一言でいうと、「もらうものを自分で選べるギフト」です。

「このカタログの中から欲しいものを選んで、同封されてるハガキに書いて送ってくれたらお家に届けてあげるね」という方式です。

相手のほしいもの・必要なものをプレゼントできるので、相手の好みが分からなくても大丈夫ですし、好みと違うものを渡してしまって「えっ…」と思われるリスクもありません。

結婚式の引き出物としていただくことも増えてきましたね。これ、本当に発明ですよね。

全然好みじゃない形状の食器をいただいて困ることも、「独身(恋人なし)なのにペアグラスもらっても仕方ねえんだよ」と心の中で舌打ちすることも減りました。

スポンサーリンク

「ソウ・エクスペリエンス(SOW Experience)」とは?

ソウ・エクスペリエンス」は、カタログギフトの中でも「体験」に特化したものです。

「興味はあるけど挑戦する機会がないこと」って結構たくさんありませんか?例えば、乗馬、パラグライダー、陶芸、座禅&瞑想……

他にも、エステやネイルサロンに行くなどの「プチ贅沢」。忙しい私たち現代人は、自分の心身のケアは後回しになりがち。

こうしたちょっとした非日常の体験、特別感、心に残る楽しい思い出をプレゼントできるのが「ソウ・エクスペリエンス」なのです。

ソウ・エクスペリエンスでは、現在約50種類の商品を揃えていて、贈れる体験は約200種類!

価格帯は3,000円~100,000円と、用途や贈る相手に合わせて選べるのも魅力のひとつです。

カタログを一通り見て「ほしいものが特にない!困った!とりあえず牛肉でもいただいておこうか」となることも恐らくないでしょう。

スポンサーリンク

贈る相手別!オススメのギフト3選

用途や予算に合わせて、色々なカタログが用意されているのも「ソウ・エクスペリエンス」の魅力。

筆者がよく使うギフトを少しご紹介します!

1:女友達への誕生日プレゼントには・・・Relax Gift(BLUE)(¥6,270+送料)

日々労働し、納税し、厳しい現代をともに生きる女友達には、リラックスできる時間を贈ってはいかがでしょうか?ヘッドスパやネイル、蒔絵体験などが入っています。

先日、友達にプレゼントしたらとても喜んでくれて、「ヘッドスパ行こうかな~!」と言ってました。

2:結婚祝いには・・・FOR2ギフト(GREEN)(¥11,880+送料)

「FOR2」の名前のとおり、2人でできる体験を集めたコースです。

結婚が決まった後輩カップルは、新婚生活で使うお茶碗を作りに行ってくれたそうです。

複数人で贈る場合は、ランクを上げてより贅沢な体験をプレゼントしても喜ばれると思います。

ご両親へのプレゼントにも良いかも~!

3:困ったらこれ買っとけ!・・・総合版カタログギフト(GREEN)(¥11,880+送料)

「相手の好みが全く分からない!」「選ぶ時間がない!」そんな時は迷わずこれを。笑

1人向けの体験も2人向けの体験も、どちらも入っているので、相手に恋人やパートナーがいたら一緒に楽しんでくれるかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

この記事では、「体験」を贈るカタログギフト「ソウ・エクスペリエンス」をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

個人的な意見ですが、プレゼントって、「生活必需品」をもらうよりも「自分ではなかなか買わないもの」をもらう方が嬉しいと思うんです。

「非日常を贈ること」をプレゼント選びの選択肢に加えること、ぜひご検討ください。

とはいえ、プレゼントをもらうのが嬉しい理由って、物をもらったからではなく(勿論、それもなくはないけど)、相手が自分を喜ばせたいと思ってくれたことや、自分のために時間を割いてくれたことが分かるからだとも思います。

なので、あなたの大切な人は、きっと、あなたが何を贈っても喜んでくれますよ!

あなたの大切な人が、プレゼントを喜んでくれますように!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
ミーナをフォローする
ミーナのブログ
タイトルとURLをコピーしました